こんばんは、HIROです

 

 

めちゃくちゃ寒いですね。

 
ひきこもりになりそうです。笑

 

では本日は、これからの日本で私達がお金を稼ぐために
どうしていけばいいのかについて解説していきますね。

 

21世紀に入るまでの日本では、大企業がたくさんできて
その企業で労働が必要とされたので、普通の家庭では

 
__________________________

 
しっかり勉強して→いい学校に行って→大きな会社に就職

→定年まで勤め上げる→年金をもらって老後を暮らす

__________________________

 

こういったプランがお決まりのパターンとして
小さな頃から、親に教えられてきたわけです。

 

ところが2013年現在、もはやこのパターンは崩壊しています。

まず、いい大学を卒業しても就職がありません。

 

企業が考えていることは、いかにお金がかかる正社員を減らすか
そして、いつでも辞めさせることができるパートやアルバイトに
移行させているのです。

 

新卒の社員なんて、ほとんど取りません。

 

私が言っていた会社でも(一応上場企業)新入社員は少ししかとらず、
さらに中途採用で社員になるなんて、至難の業でしたからね。

 

上司とかに話を聞いていると、
「下手に社員にすると解雇できない」と言っていました。

 

これが、今の日本の現実です。

 
さらに、先日もお話した外国人労働者の増加(賃金が安い)や
ロボット技術の進化で日本人が労働する環境は無くなりつつあります。

 

外国人のように月給数万円で働けませんよね?

1ケ月5万円なんかでは生活できないですからね。

まあ、超のつく最低レベルの生活ならできますが。

 

では、今後どうなるのでしょうか?

 

ただ、日本の人口は1億人超えていますし、消費は存在しているので
ビジネスが成り立たないわけではないのです。

 

その消費はインターネットに向かっています。

そして大きな会社ではなく、個人がネット上でビジネスをする時代
変わりつつあるのです。

 

集団から個人の時代への転換期に入りました。

 

「個人でビジネスをするなんて無理ですよ」
とか言っている場合じゃなくて、そうせざる得ない時代に
入っているということです。

 

そして、その個人がつながり小さなコミュニティが出来つつあります。

 

いや、これからはあなたがそれを作っていかないと
生き残ることはできないのです。

 

それを自覚してください。

手遅れになる前にです。

 

 

 

では、本日は以上です。

 

こちらは関連記事です。皆さん、読まれる方が多いです。