こんばんは、HIROです

 
先日、読者さんから来たメールにお答えします。

 

_______________________

 
はじめまして、HIRO様

 
○○と申します。

 

いつもメルマガを読んで勉強させてもらっています。

 
私は、ネットビジネスは去年の末から始めたばかりで、
全く、何も進んでいません。

 
正直、何からやったらいいかがわからないのです。

 

・・・・・(省略)・・→長いので

 

最後に質問なのですが、
成功への近道」ってあるのでしょうか?

漠然な質問だとはわかって聞いてます。

 

もし、何かヒントになるようなものがあれば教えて下さい。

よろしくお願いします。
_______________________

 

という感じなのですが、

今日話題にしたいのは最後の質問なので、かなり省略しました。

 
実際はかなり長いメールでした。苦笑・・・

 
まず、本人も言っていますが、漠然とした質問ですよね。

 

ただ、気持ちはわかります。

 
特に初心者の頃はやるべきことが多すぎて、
何からやればいいのかがわからないのが、現実だと思います。

 

私も、初期の頃は迷いまくっていましたからね。

 
輸入転売の5万円もする教材買って無駄にしました。笑

それ以外にも、数十万円は使ってます。

 

それに不安なんですよ。

 
「本当に稼げるようになるんだろうか?」ってね。

 

この方は「成功への近道」って言ってますが、
この言葉の意味は2つあると思います。

 
あくまでも、私の見解ですが・・・

 

1つは、早く成功したいという気持ちで、
2つ目は、何からやればいいか優先順位を知りたい

ということですね。

 

で、答えをここで発表します。

 
○○さんも読んでもらってますかね?

返信できてないんで・・・すいません。

 

答えは成功者と仲良くなることです。

_________________

 

そして、直接教えてもらうことですね。

それが一番の成功への近道です。

 

 

まあ、成功者といっても普通は塾なんかに入っても、
直接教えてくれる環境はなかなかありません。

 
だいたいDVD送ってきて終わりというチンケなものが多いです。

 
特に、大きな成功をしてる人はそうです。

 

まず、個別のコンサルっていうのは単に労働です。

 

月収数百万も稼いでいる人はやりたがりませんからね。

 

それにコストパフォーマンスが合わないので、
個別のコンサルになると100万円とか平気でとってます。

 

ということは、まず難しいですよね。

払えますか?

 
じゃ狙い目はというと、ある程度実績が出ていて
さらに将来大成功しそうな人で、自分と合いそうな人を探すことです。

 
その段階の人だと、個別で教えてくれるサービスを
提供してくれている場合があります。

 

で、その人がさらに成功すれば、
その恩恵にも受けれるということですね。

 

ただ、これはタイミングが大切です。

 

その人が大きな成功をしてしまうと、
もう低額では、そんなサービスは受けれません。

 

約10ケ月前に、その最高のタイミングを見つけたのが実は私です。

 

 

まだ、ネットビジネスを始めてすぐの頃に、

今や、月収4000万円稼ぐみんてぃあさんのコンサルに
申し込んだんです。

 
当時は、みんてぃあさんも成功はしていましたが、
今のような成功者ではありませんでした。

 
まあ、少し高額でしたが。

 
この人は必ず成功するはずと確信していました。

 
お陰様で、その恩恵を受けることができたということです。

 
同じようにその募集を見て、申し込まなかった人は
実際、たくさんいたと思いますよ。

 

 

でも、私は申し込んだんです。

 
その選択が正しかったということです。

 
当然、私がひたすら毎日がんばり続けたから成功したんですが、
効率よく、成功できたのもコンサル生になったからです。

 

無駄な遠回りをしていたら、あきらめてたかもしれません。

 

 

今はもう、みんてぃあさんはコンサル生をとっていませんからね。

さっきも言ったとおり、労働を増やしたくないんです。

 
で、今後はお金持ち相手の高額サービスに移行してくと思います。

 
このようにしっかり教えてもらえる環境があるのと、ないのとでは、
成功のスピードは全然違います。

 

当然ですよね。

 

普通は膨大な情報に埋もれてしまいます。

だから、何をやったらいいかもわからないんです。

 
今、何をやるべきで、何をやらないべきかを教えてもらうだけで、
効率は格段に上がります。

 

成功への近道」があるとすれば、これしかないと思います。
参考にしてくださいね。

 

では、本日は以上です。

 

 

こちらは関連記事です。皆さん、読まれる方が多いです。