こんばんは、HIROです

 

 

 
昨日チームの人に、先日から送っている脳科学レッスンの内容は
難しいですか?という質問をしたら。

「少し難しいです」
という答えが返ってきたのですが、やっぱり難しいですか?

そこまでは、難しいことを話してはいないつもりなんですが、
知らない言葉が出てくると、拒否反応起こすのが脳のクセなんです。

 
できれば、何度も読んで理解しておいてください。

かなり大切なことですからね。

 

読んでない場合はどうぞ↓
_____________________

無意識に支配される人間(脳科学レッスン1)
人を動かす快情動と不快情動(脳科学レッスン2)

_____________________



あなたがネットビジネスで成功していくためには、
こういった人間の行動原理を理解する必要があります。

当然、自分自身のことが理解できていないと、
目標を決めて、行動して、達成するということができません。

他人のことが理解できていないと、
自分以外の人を動かすなんてできないのです。

結局のところ、自分と他人を動かすことができるかどうかが、
成功の鍵を握っているということ。

その為に、無意識の心の理解が必要だということです。

 
では、昨日の続きですが、
多くの人が、なぜ高額なブランド品を買ってしまうのか?
具体的な例で話していきたいと思います。

 

WS000095
まず、復習ですが、
私たち人間は、5感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)
の刺激を受けることで、無意識に情動というものが生まれます。

その情動は、大きく快情動不快情動に別れます。

快情動→喜び・愛
不快情動→悲しみ・怒り・恐れ

でしたね。

 
美味しい食べ物の匂い(嗅覚)→食べたい(快情動)
ヘビ(視覚)→恐れ(不快情動)

という2つの例を出しましたよね。

 
これは、別々の例で話したのですが、
実は、快情動不快情動は同時に起きることがある。
と最後に話しました。

この2つが同時に起きると、超強力になります。

それがブランド品を買う時に起きているのです。

 

例えば、デパートであなたの目の前にいる人が、
シャネルのバッグを買おうとしています。

その人がシャネルのバッグを欲しい理由は?

 

パーティーに出席する為に使いやすくて、
財布や携帯電話、化粧道具etcなどが入るバッグが欲しい。
持っていくものが、全て入る大きさでないと欲求は満たされない。
→『機能的価値


ブランド品は品質もいいし、デザインも優れている。
保証もついている。
シャネルというブランドだけでハズレはないだろう。
→『失敗したくない。安全・安心』


ブランドのバッグを持っている人は、お金持ちに見られ、
優れた人のように感じるので、自分もそう見られたい。
友達も持っているし、自分だけが持っていないと、
仲間に入れないし、疎外感を感じる。
→『孤独感を感じたくない、所属していたい』


人より高く、いいものが欲しい。
普通の人と差別化したい、自分は優れている、お金を持っている、
センスがいいと認められたい。
→『人より良く見られたい・特別な存在でいたい』

 
これらの中には快情動不快情動がミックスされています。

シャネルのバッグを「買う喜び」と「買わない恐れ」ですね。

 
自分や他人を動かすには、この2つが同時にある必要があります。

ネットビジネスをやっていくうえで、
これは完璧に理解しておいてください。

 
これが理解できているのと、できていないのでは、
結果に大きな差が生まれてきますので。

 
では、本日は以上です。

こちらは関連記事です。皆さん、読まれる方が多いです。