こんばんは、HIROです

 
このブログでは、モチベーションの関する話をよくします。

すでに耳にタコができている人も多いと思いますが、
ビジネスをしていくうえで、モチベーションをコントロールできなければ、
成功するのは難しいと思います。

ネットビジネスであれば、会社に勤めているわけではありません。

よって、誰に指示されるわけでもないので、
より顕著にそれは出てきます。

あなたは作業を今日やらなくても困らないわけですからね。

逆に自由すぎることが、成功者が増えにくい理由かもしれません。



ただ、もし自由な人生を生きたいのなら、
この自由すぎる世界で、自分をコントロールできなければ、
一生自由な日々はやってこないでしょう。

自由な人生とは、
自由な環境でも、自分をコントロールできる人にしか、
与えられないものだからです。

では、これは才能なのかというと、
別にそんなたいそうなものではなく、
そのスキルを持っているかどうかだけの違いにしか過ぎません。

そこで、本日は私たちを振るい立たす、
2つのモチベーションについて話していきたいと思います。

 
まず1つ目はドーパミン型モチベーションです。

これは、もはや説明するまでもなく、
これまでも繰り返し説明していますよね。

ブログなどで過去記事を読んでもらえれば、
いくらでも出てくると思います。

ようは、脳に報酬を与えることで、やる気を引き起こす方法です。

ドーパミンは、強力な脳内物質なので、
うまくコントロールできれば、モチベーションアップには強力です。

 
では、2つ目はノルアドレナリン型モチベーションです。

これは、少し聞きなれないかもしれません。
メルマガで話すのもおそらく初めてだと思います。

このノルアドレナリンドーパミンと同じ脳内物質で、
私たちの感情や行動に影響を与えているものです。

では、どんなときにノルアドレナリンが出てくるのかというと、
感覚的に『不快』を感じたときで、
ドーパミンが『快』を感じたときに出てくるのとは対照的なのです。

 
わかりやすく言うと、
『適度な緊張』がノルアドレナリンを分泌させ、
私たちをやる気にさせてくれます。

例えば、締切りがある仕事とか、
これをやりきらなければ、上司に怒られるとかですね。

もっと、わかりやすく言うと、
夏休みの宿題を8月の末ギリギリでやるのは、
ノルアドレナリン型モチベーションというわけです。

8月のお盆までに終わらせたら、楽しい旅行が待っているので、
それを楽しみに早く終わらせるパターンは、ドーパミン型モチベーションです。

なんとなくわかりますよね。

この2つをうまく使い分けることで、
モチベーションをコントロールするわけです。

 
今日は、簡単に説明しましたが、
これについての詳しい話は、またの機会にします。

 
あなたの意思は、あなたの脳をコントロールすることで、
強くなっていくのです。

さらに強力なセルフコントロール法や、
多くの成功者が使っている他人を「心理誘導」する方法は、
この講座で詳しく解説しています。

心理誘導を極める脳科学講座

 

以上です。

 

こちらは関連記事です。皆さん、読まれる方が多いです。