こんばんは、HIROです

 
今日のタイトルは何だって思いましたか?

 
実は、日本経済新聞の記事の見出しなんです。

少しだけ、その記事の文章を載せますね。

_____________________________

企業の間で、外部のブログなどに載せてもらった過剰なリンクを削除する動きが急増している。米グーグルが検索エンジンのプログラムを変更し、無意味なリンクが多いサイトは順位が下がるようにしたためだ。グーグルは利用者の目線を重視して検索ルールを定めており、サイト作りの規範として影響力が強まっている。
_____________________________


という内容だったのですが、もはやSEOの形態が変わり始めています。

これまでは、外部リンクをお金を払ってつけてもらっていました。

ネットビジネスに関わっていれば、
そういったサービスを見たことないですか?

今日の記事ではっきりしたことは、
もはや、自作自演は通用しないということですね。

こういったことは、いろんなところで言われていましたが、
それでも、被リンクは有効だからという人が多かったのです。

しかし、日経新聞にまで載ってしまうとね。

 
ましてや大企業までが動き出してしまうと、いよいよって感じです。

 
ただ被リンクが悪いということではなくてですね。

 
大切なことは、いかにナチュラルな被リンクをもらえるかということです。

 
その為には、あなたのブログやサイトのコンテンツ力が重要になります。

良質なサイトは紹介したくなるものです。

 
今後は、いかにサイトに訪れる人のことを考えて、
読者目線でサイトが作れるかということが重要になります。

 
バカみたいに高い金額の「被リンクサービス」に、
無駄なお金を使わないで下さいね。

 
SEOに関しては、私自身が検証しながらサイト作りをしているので、
随時、その情報について発信していくつもりです。

 

以上です。

 

こちらは関連記事です。皆さん、読まれる方が多いです。