HIROのちょっとした話の記事一覧

お久しぶりです。

 

年始からいかがお過ごしでしょうか。

(て、1ヶ月過ぎてる・・・)

私はと言いますと、9月末から始めた「せどり」が、
それなりに結果(経費引いた利益で月50~60万円)がでましたので、
少しずつですが、「せどり」を効率化させ時間短縮しながら、
情報発信の方の比重を増やしている感じです。
(収入をキープしながらです)

 

「フェイスブックは伝染病のように消える」の続きを読む »

HIROのちょっとした, フェイスブック

こんばんは、HIROです

 
「一目惚れが起きる仕組み」と「一目惚れを意図的に起こす方法」があるとすれば、あなたは信じれますか?

まあ、「一目惚れ」と言っても、自分が気に入った相手に、こちらに興味をもたせるだけだと、少し低レベルな話だと思います。

ビジネスにおいては、
まず、自分に興味を持ってもらうということは非常に重要です。

 

このテクニックを使えば、それぐらいなら、簡単にできてしまいますからね。

 

「お金持ちが悪い人だという思い込みが成功を阻んでいる」の続きを読む »

脳科学と心理学が同時に学べる講座

こんにちは、HIROです

 

先日、またもや淡路島に行ってきました。

今回は、淡路牛を堪能しようツアーです。

メンバーは先月と同じ、母と叔母と叔父夫婦と、
そして、今回は奥さんも一緒にいけました。

 
明石海峡大橋を渡るとすぐにサービスエリアがあるのですが、
そこからみる橋の景色が最高なんです。

「好きこそものの上手なれ」の続きを読む »

HIROのちょっとした

こんばんは、HIROです

 
昨日、ネットを見ていたら気になる記事があったので
それについて、少し話したいと思います。

 

ある海外就職研究家(そんな専門家いるんだ?)と名乗る人が、
アジア各国を回って現地で起業している人や働いている人の取材中
カンボジアで取材をしていると、衝撃的な光景を見たらしいです。

 

あのアンコールワットの遺跡で有名なカンボジアです。

 

WS000192

 

それはどんな光景かというと、10年前に日本人がやっていた
文字入力の仕事をカンボジア人がやっていたのです。

 

「それの何が衝撃的かって?」

 

だって、そのカンボジア人の月給は1万円ですよ。

 
さらに、その仕事を依頼しているのは日本人です。

 

ほんの10年前は、日本人が普通に月給20万円ぐらいで
やっていた仕事をです。

 

これは、どういう意味を持つかというと、要は単に労働の仕事は
誰がやっても同じなら、賃金が安い方がいいに決まってますよね。

 

あなたが雇う側ならどうですか?

 

現在、日本人がやっている仕事で、もっと賃金の安い外国人が
同じことができるなら、わざわざ日本人を雇わないですよね。

 
しかも渡す賃金が20分の1ならですよ。

 

その結果、数年後に現在の日本人労働者の仕事が
どんどん減ってくるのは目に見えています。

 

さらに、もう一つの問題が出てきます。

 
それは、「ロボット工学」の進歩ですね。

 

外国人どころか、人間がする必要もなくなってきてることは
どんどん増えています。

 

最近の話では、アマゾンが倉庫に導入するロボットです。

 

ネットで検索してみてください。

 

こんなものが導入されると、もはや人は必要ないわけです。

 
テクノロジーの進化は、イコール労働者いらずの世の中になるのです。

 

これらが、これからの日本で起こる現実です。

 

一言で言うと、あなたの仕事が雇われた労働なら、
働く場所が無くなる可能性が十分にあるということです。

 

さすがに、月給1万円では労働基準法にかかるので
仕事自体が無くなってしまうでしょうからね。

 
日本ではできないです。

 

もはや残された道は、自分の仕事は自分で作るしかありません。

 

ただ、唯一の救いはインターネットの出現です。

 
このインフラが整ったことにより、以前までは大企業しかできなかった
ようなことが個人でもできるようになったのです。

 

今すぐにでも、あなたはビジネスをスタートできます。

 
それは、あなたの「決断」次第で決まるのです。

 

 

現在、ネットでできるビジネスでの稼ぎ方です。

 
あまり時間は残されてないように思われます。

 
もし、相談や直接聞きたい場合はメールして下さい。

 

brain_hiro1@yahoo.co.jp

 
まで連絡していただければ対応しますね。

 

 

では、本日は以上です。

HIROの意見

こんばんは、HIROです

 

今年の3月からネットビジネスを始めて
まず、取り組んだのが健康系のメルマガでした。

 

もともと、アトピー性皮膚炎を自力で治した経験があり、
そういった知識を発信して、花粉症やアトピーの教材を
アフィリエイトしようと考えていたのです。

 

ところが、3月・4月・5月と実践したのですが、

読者が思うように集まらない・・・

 

まあ、集客の力がなかったというのもあるかもしれないです。

(今なら、それなりに集めれると思います)

 

で、「アレルギー」は少しニッチな分野かなと思いまして。

6月からダイエットのメルマガを始めたのです。

 

同時に、本格的にTwitterも始めてアメブロも始めました。

 
すると少しずつですが、読者が集まり出したのです。

 

「これならいけるかも」と思い、

どんどん集めて、ひたすらメルマガを送り続けました。

 

ただ、普通にサラリーマンもしていたので、
作業時間は限られていたのです。

 

そんな中、まず朝は5:00に起きて出勤する8:00まで
ひたすら作業をしていました。

 

そして、夜はひたすらTwitterなどでの集客をやり
読者さんへのメールの返信などをしていたわけです。

 

読者が50人ぐらいになった時に、
何をアフィリエイトするか探していたのですが・・・

インフォトップのダイエット教材はとにかく高いのです。

 

 

しかも、アフィリエイト報酬が安い・・・

 

で、「自分で作っちゃえばいいか」と思い、

毎日、朝5:00から自分の教材の制作を始めました。

 

これをいろんな人に言うと、

 

「え~、そんなまねできないです」とよく言われます。

 

そりゃ、そうですよ。

 

元々ダイエットの基礎知識があったから始めたわけですし、

当然、本も何冊か読みながら教材作ったわけです。

 

同じことができなくて当然です。

 
人によって特技は違うんですからね。

 

それともうひとつ、そういった行動ができない理由が、

もし、売れなかったらどうしょうと考えてしまうことです。

 

別に売れなくても、損はしないのに、

要は、その費やした時間が無駄になってしまうと思うわけですね。

 

実は、ここが成否を分ける重要なポイントです。

 

私は、その教材が売れなくてもいいと思ってました。

 

というか、そもそもダイエットのメルマガ自体が、
別に稼げなくてもいいぐらいの気持ちでやっていたんです。

 

もし、うまくいかなくても違う事にチャレンジしたらいいや、

というぐらいに軽く考えていましたからね。

 

だって、別に売れなくたって人生が終わるわけでもないですしね。

 

こういう考え方ができない人は、

「売れなかったどうしょう」
「無駄な時間になってしまう」

などと考えてしまうので行動出来ないのです。

 

そもそも、メルマガ始めたらからといって
すぐに物が売れると思っている事がおかしいのです。

 

メルマガで稼げるようになるのは、少し時間がかかります。

 

じゃ、やっぱり普通の人には難しいのかといえば、
そういうわけではなくて、学びの期間が必要というだけです。

 

しかし、先日から紹介している新しい教材「LUERA」は、

誰にでも割とハードルが低く、稼ぎやすい方法となっています。

 

とにかく作業さえすれば、稼げるのです。

 
しかも、今回はSkypeでチームも作り、
モチベーションも続きやすい環境を用意しました。

 

そして、これで10~20万円/月ぐらい稼げるようになれば、

実績もできて、メルマガもやりやすくなるというわけです。

 

ということで、

 

そろそろ「無料オファー攻略」のセミナーをやろうと考えてますので、

思い切って、人生変えるつもりで参加して下さい。

 

では、どうぞ

http://hiro-net.xsrv.jp/keisoku/138/

 

HIROのちょっとした, サイトアフィリ

こんにちは、HIROです

 
勉強って、学生までにするものって思っていませんか?

WS000214

 

 

社会人になってからは、会社で必要な勉強は嫌々ながらはしているが、
それ以外に積極的に学ぼうとする人って、ほとんどいませんよね。

 

それに勉強と言っても、販売する商品の勉強であったり、
売り方であったりと、なんら本質的なものは学べないというのが、
おおよそのパターンです。

 

だから、大半の人は20歳過ぎぐらいから成長がストップしてしまいます。

そして、上司にゴマすったりするような、要領の良さは進化していくのですが、
世間の荒波を生きていく為に必要な能力は全く身に付きません。

 

これまでの日本では、それでもなんとか定年まで勤め上げて、
その後は、年金をもらいながら細々と暮らしていけたのです。

 

しかしそれは、いつも言っている高度経済成長期の話でして、
ライフサイクルが成熟期に入った日本ではそんな話は”夢幻の如く“です。

 

まさか、年金がちゃんともらえるなんて思っていませんよね?

日本近海から石油や膨大な天然ガスでも出れば、

可能性はあるかもしれませんが、そんなことに人生をかけるのも・・・

 

ただ、前回でも話したとおり、
まだまだ日本は豊かな国です。

 

十分な消費があり、ビジネスをできる環境は整っているのです。

あなたがビジネスを学び、進化さえしていけば、
本当に豊かな人生を楽しめ、自由に生きることが、
可能な国に生まれたのですからね。

 

感謝するべきですよ。

 

なのに、不満ばかりを言って生きている人が多すぎます。

 
会社の愚痴や、上司への不満を言って過ごし
毎日、何時間無駄にしているんですか?

 

つい最近まで会社員をしていたので、そんな現場での声は、
毎日聞いていましたからね。

 

私は意識して、いろんな人が仕事中や飲み会でどんな話をしているか
観察していたのですが、愚痴や不平不満が8割は占めていました。

 

で、いつも心の中で思っていました。

 

「そんなことを言っても何も変わらないのに」
「どうして、他人や環境が変わることばかり望んでいるなかな?」
「どうして自分が変わろうとしないんだろう」

 

そんな暇があるなら、自分を進化させることに時間を使うべきです。

 
じゃないと、これからの時代を生き抜くのは本当に厳しくなります。

 

いきなり浮浪者なんてことも十分に考えられる時代に入ってきた
という認識をするべきです。

 

もっと根本的な問題を言えば、日本の教育に問題があります。

 
今だに奴隷のように働く人を作る為のことしか教えていないのです。

 

子供の頃から、洗脳といってもおかしくない教育を受けているので、
それに気付かないのです。

 

もっと自立した考えを持ち学んで下さい。

「意識して、進化しなければ、滅んでしまいます」

それが、生物の宿命なんですからね。

 

0→1にする段階は非常に厳しいです。

 
ただ、それを乗り越えれば、動き出しますよ。

 

今、教えているチームの人達にはそれを嫌というほど伝えています。

 
全員が漏れることなく成功してほしいからです。

 

では、本日は以上です。

HIROのちょっとした

こんばんは、HIROです

 

今日の目次です

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1.理想の自分はポケットに入れておく

 
2.日本はまだまだ、豊かな国ですよ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

1.理想の自分はポケットに入れておく

 

 

WS000215

 

 

この写真は誤解を招きそうですね。笑

 

 

成功していくような人は例外なく、
しっかりした成功のイメージを描いているものです。

 
よく、セルフイメージとか言われていますが
結局人は、自分が想像できるものにしかなれません。

想像できない存在には成り得ないのです。

 

例えば、世界を旅しながらでも、
パソコン1台あれば、自由自在にお金を稼いでいる。

 
そんな生活を想像してみてください。

 

「そりゃ、そうなれればいいですよ」

と大抵の人は思うと思いますが。

 

でも、実際はそれを実現していける人といけない人に、

分かれてしまいます。

 

なぜなのでしょうか?

その違いは?

 

能力や才能の違いなのでしょうか?

 

当然、スキルや知識レベルの違いはあるでしょう。

 
しかし、その違いを作ったものは何なのか?

 

それが、セルフイメージです。

 
人間は、常にイメージ先行型なのです。

 

全てのことにおいて、頭で描くことで
行動に移していけるのです。

それは、全て無意識で行われています。

 

私はいつもポケットに、理想の自分を入れています。

 
そして、持ち歩いているのです。

現在の自分と未来の自分をいつも比較して生活しています。

 

そうすることで、人はそのギャップを埋めようと、
無理なく、自然と行動できるのようになるのです。

それを続けていれば、成功して当然というわけです。

 

理想の自分を描き続けて下さいね。

 

 

 
2.日本はまだまだ豊かな国ですよ

 

日本はデフレだ、景気が悪いだと言われていますが、
まだまだ世界的にみれば、数少ない豊かな国です。

 

 

WS000216

 

失業率が5%以下なんて、超優秀ですからね。

 
人口も減ってきているとはいえ、1億人以上います。

 
十分な消費も存在しているというわけです。

 

ただ、リアルなビジネスで成功しようとすれば、
やる気さえあれば、誰でも成功できる。

 
そんな時代ではなくなりましたけどね。

 

ネットを使ったビジネスであれば
必要なスキルと知識さえ身につければ、

現在の日本であれば十分に稼げます。

 

しかも、リアルなビジネスとは違い、
大きな投資を必要とせず、そしてリスクがほとんどなく、
チャレンジできるというのが魅力です。

 

これが、アフリカなら無理なわけです。

 
日本だから実現可能なのです。

 

そんな国に生まれて、そしてこのブログを読んでいるということは、

その大きなチャンスを掴みかけているということです。

 

せっかくなので、掴んで下さい。

 

チャンスは今って感じた時を逃すと、意外と来ないもんですよ。

 

 

では、本日は以上です。

HIROのちょっとした